インプラントはアレルギーを起こさない|口内お悩みレスキュー部隊

女性患者

金属によるアレルギー

医療器具

金属アレルギーとは、金属製の物が体に触れた際に、金属が溶け出してイオンとなり体内に蓄積することによって起こるアレルギー反応です。金属アレルギーが発生してしまうと、アトピー性皮膚炎などの皮膚炎が発生し、抜け毛や脱毛症などの症状も現れます。虫歯の治療やオーラルケアの方法が体に合わない場合に、金属アレルギーの反応が起きてしまうことがあります。虫歯に蝕まれた歯を削り修復物を詰めることがありますが、修復物に使われている歯科材料が金属だった場合は金属アレルギーの症状が現れてしまうことがあります。毒性が強い歯科金属として、金銀パラジウム合金、ニッケルクロム合金、アマルガム、金合金、チタンなどが挙げられ、このような歯科金属を修復物として使った場合には特にアレルギー反応が出てくるリスクが高いです。歯を失った方が行なうインプラントが原因で金属アレルギーを発症することもありますので、歯科治療に使われる素材は慎重に選ぶようにしましょう。
歯科金属を使った治療を受けて金属アレルギーが出てしまった場合は、歯科クリニックで治療を受けると良いでしょう。金属アレルギーの原因となっている歯科材料を取り除き、代わりにセラミックやジルコニアといった歯科材料を使って治療を行なうことによって症状を改善することが出来ます。セラミックは歯の色と非常に似ており審美性が高いですが、耐久性が低いので負担がかかると欠けてしまうこともあります。ジルコニアは人口のダイアモンドと呼ばれるほど耐久性が高いですが、審美性はセラミックに比べると劣ってしまいます。それぞれのメリット・デメリットを踏まえた上で、自分に最も適切な歯科材料を選び金属アレルギーを改善しましょう。